So-net無料ブログ作成

七十二候【蟄虫啓戸】 3月5日2016年 [七十二候]

今年2016年の3月5日は、
七十二候の一つである【蟄虫啓戸】です。

これは、「すぐもりのむしとをひらく」と読みます。

二十四節気『啓蟄』の初候です。


【蟄虫啓戸】
冬籠りしていた虫が、姿を現し出す頃。
虫の限らず、様々な生き物が目覚め始めます。


カエル.jpg


》記事リンク《
何の日 目次


スポンサーリンク




◇候の言葉◇
春の歌心(はるのうたごころ)
万葉集の巻八を開くと、春雑歌(はるのぞうか)から始まります。
そこには野の草花を見つめ、春の到来を喜ぶ歌が並びます。
何故、古の人は、自然の生き生きとした姿に触れる度、歌を詠んだのでしょう。
暖かな陽射しに、心もまた動き出すようにです。

石(いわ)走る垂水(たるみ)の上のさわらびの
萌え出づる春になりにけるかも
志貴皇子(しきのみこ)

(雪解けの水が岩からほとばしる滝のほとりに、
わらびが芽を出す春が来たんだな)




DSCF1847.jpg





◆◆楽天スポンサーリンク




◇旬の草花◇
菫(すみれ)

開花:3月~5月

日本に100種類以上あるといわれる菫は、昔から愛され、歌われてきました。
濃い紫色の花びらの菫が思い浮かびますが、他にも様々な種類があります。
優しい色合いの、タチツボスミレは北海道から沖縄まで見られる代表的な菫です。

山路来て何やらゆかしすみれ草
松尾芭蕉




4d4badc7b4bf0863f026a8209653c102.jpg





スポンサーリンク




◇旬の野菜◇
蕨・薇(わらび・ぜんまい)

旬:3月~6月

春の訪れを感じさせる山菜。
お浸しや和え物にピッタリです。
蕨は日当たりの良い草原などに群生し、3月~5月に出る新芽を摘んで食べます。
薇の旬は3月~6月。
山裾や沢沿いなどやや湿った場所に自生しています。




ダウンロード.jpg





◆◆楽天スポンサーリンク Travel




◇旬の魚介◇
鰆(さわら)
旬:秋から春
名前の通り、鰆は春の魚。
旬は秋から春にかけてです。
古来日本では焼き物、煮物、吸い物に、冠婚葬祭で重宝されてきました。
特に岡山で人気が高く「鰆の値段は岡山で決まる」と言われる程です。
刺身にすれば、脂がのってトロに負けない美味しさ。
照り焼きや西京焼きなら、さっぱりした味になります。
コレステロール値を下げ、癌や動脈硬化の予防に一役買います。
一般的には魚は頭が美味しいとされますが、鰆は尻尾の方が美味しい魚です。




wahoo0001.jpg





◆◆楽天スポンサーリンク




◇旬の日◇
事始(ことはじめ)
時期:2月下旬~3月中旬
旧暦の2月8日、新暦でいうと2月下旬~3月中旬の頃に、事始の日を迎えます。
一年の祭事や農事を始める日で、旧暦12月8日の事納めと対をなします。
お事汁(おことじる)を食べるのが習わしで、味噌汁に芋、ごぼう、大根、小豆、人参、慈姑(くわい)、焼き栗、こんにゃくなどを入れる、具沢山の味噌汁です。




d0118549_1125824.jpg





◆◆楽天スポンサーリンク




》関連記事リンク《
ClickTravel
豆知識 知恵の雫
偉人の名言集 心の常備薬
何の日 目次|記念日のアルバム




◆◆楽天スポンサーリンク Travel


===よろしければ こちらの記事もご覧下さい===
◇東大生が尊敬する偉人Best50 世界一受けたい授業 50-41
日本の超頭脳が集結!東大の人気先生大集合SPで紹介

◇知恵の雫
日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介

◇日捲り名言集(英訳付)**月**日今日の名言|心の常備薬
”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介

◇ClickTravel
メディアで見つけた素敵な場所や素敵な物、そして美味しい物を紹介





nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
スポンサーリンク

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。